花のお手入れ

花をもっと楽しもう!

花に合う器を選ぼう!
何に飾ったらいいの?

『花の形や合わせ方がわかっても、今度はどれに飾ったらいいか分からない!』

次は、そんな疑問を解決します!

花の形がいろいろで、キレイに見える場所が違うなら、当然、花器も「それぞれの花の”キレイ”を引き立てるもの」があるのです!

いま、「花器」と書いたけど、「花瓶」である必要は、これっぽっちもありません。
水が入りさえすれば何でもいいのです。

『とはいっても、何に入れたらいいの??』

それでは、器の形状別に、それぞれの器が「どんな花を飾ったらキレイに見えるか」を見て行きましょう!(はじめての人が活けやすい、「入れるだけ」の器に限定します)

■1.口が広くて浅い器 〜食器・背の低いビンなど〜

おうちにある食器類がこれにあたります。
サラダボウル、マグカップ、コップ、ワイングラス、小鉢などなど・・・
高さが10〜12cmくらいしかない入れ物。このくらいの小さい花びんも同じです。

ま、つまり口が10cm、高さ12cm未満くらいの小さい花びんを買う必要はないって事!
もちろん気に入れば買ってもいいけどね!

こういうカワイイサイズの食器や花びんは、100円均一にたくさんあります。
食べ物を入れる器と一緒にしたくないときは、100均で買うのがお得!

これに花を飾るには・・・
短く切って、花の頭や切り分けた葉っぱを器に入れます。

なかなか、しっかり止まらないときは、セロテープ技を使ってみてね。

「花の頭を飾る」 で、どんなタイプの花が向くか分かったかな?

主役A:(マスフラワー)がベスト!
サブB:(スプレー咲き)を切り分けたり、
主役B(フォームフラワー)でもOK!

形のハッキリした、大輪の花を使うとキレイです!
それも、あんまりたくさんより2〜3輪+葉くらいの方がキマります!

■2.口が細くて背の高い器〜ボトル・一輪挿しなど〜

ワインやビールといったお酒のボトル・化粧品のビン・徳利・デキャンタなどがこれになります!
あとは、売ってる一輪挿し用のほっそい花びんね。
口が10cm未満の花びんは、一見入りそうに見えても花がほとんど入らないから、細い花びんを買う必要もないです。

お酒のボトルってカワイイのがいろいろあるので、ぜひ二次利用をオススメします^^
買うなら、これもまた100円均一にいろいろあります。

”一輪挿し”はとってもキレイな花器もたくさんあるので、一輪専用に、気に入った物があればもうちょっとリッチなものも買ってみてね。
やっぱり100円のとは全く違うので・・・

さて、これに飾るには・・・
器の高さよりもっと長めに丈を残した花を、スッと挿します。

このタイプの器に向くのは、
主役B:(フォームフラワー)
脇役A:(小型フォームフラワー)
サブA:(ラインフラワー)です。

横から見た姿の美しい花を、1本、多くても5本くらいまでにします。
余計な葉っぱは取って、スッキリさせてしまいましょう。

(全部取っちゃうといかにも”ハゲました!”という感じに見えてみっともなくなるので1〜3枚くらい残してね^^;)

*この形の器は洗いにくいけど、ちゃんとしっかり中を洗いましょう!
バイキンが残っていると、花がすぐ腐ってしまいます><
水筒用・試験管用などの細いブラシを使うのが簡単です!
卵の殻を砕いて水と一緒に入れ、シェイクするのもけっこう落ちます。

■3.口径の高さのバランスが良いもの〜ピッチャー・花びん〜

『もっとたくさん飾りたい!』

というときに、はじめて花びんを買いましょう。

2・3種以上組み合わせたり、ボリュームを出したいときに家で使いやすい、オールマイティな花びんはこんな形のもの!
花びんは本当にイロイロな形や素材・色のものがあるけど、はじめに買うならこれです!

家庭用品で揃えるなら、ピッチャー。サイズが同じくらいのものにしましょう。
ピッチャーで活けるとこんな感じ。

この場合も、色は透明か白!!
どうしても色がほしいなら、グリーンにしましょう。
色のついた器の場合は、どうしても花色を選びます。
透明や白なら、どんな色の花でも飾れるからです。

■番外.器の色も「一つの色」に数えよう

「何でも飾りたい」入れ物には色がないほうがいいんですが・・・
逆に、1色として数える!こともできます。

色つきの器に合わせるなら・・・

1.同じ色の花
2.近い色(近似色)の花
3.反対色(補色)の花
4.白い花

合う色が限られる代わりに、色を合わせるととてもステキになります。

食器や100円花びんなど、手軽にできるものから試してみて!
白や透明の器とは一味違う仕上がりです^^

▲ページトップへ戻る