花図鑑

ヒヤシンス

ユリ科/ヒヤシンス属

原産地
地中海沿岸
出回り時期
12〜3月
花言葉
  • スポーツ
  • 遊戯
  • 勝負
  • あなたとなら幸せになれる
ヒヤシンス

豆知識

ヒヤシンスの名前は、ギリシャ神話に登場するスポーツ万能な美少年ヒアキントスが由来です。
美少年ヒアキントスは太陽神アポロンと西風神ゼブロスという2人の魅力的な神に愛されていました。3人とも性別は男であり、同性愛の三角関係になります。古代ギリシャでは、同性愛は珍しくなく、むしろ美しいとされていました。 ヒアキントスはアポロンの方に惹かれていました。 そんなある日、ヒアキントスはアポロンと円盤投げを楽しんでいました。その楽しそうな2人の様子を見た、ゼブロスは深い嫉妬のあまり、強い風を吹きつけました。 その風によって、アポロンが投げた円盤がヒアキントスの額を直撃してしまいます。 アポロンは懸命に治療するものの、その甲斐なくヒアキントスは大量の血を流して死んでしまいました。 そして、ヒアキントスの流した血に染まったところから、悲しそうに美しい紫色の花が咲いたのです。 それが、ヒヤシンスです。